高血圧 合併症

高血圧で怖いのは合併症

高血圧で怖いのは合併症

高血圧の状態が続いていると合併症のリスクがとてもたかくなります。

 

そして、この合併症になってしまうと、なおすのはとても困難です。

 

病名も怖そうなものが並んでいます。

 

高血圧の合併症で有名なのは、心臓の疾患でしょう。

心臓に近い動脈で動脈硬化が起こり、硬化した動脈の一部が破れて血栓ができます。

 

この結果血管が詰まり十分な血液を送れなくなるのが、
心筋梗塞(しんきんこうそく)や狭心症といった、心臓の病気です。

 

流れにくい血液を無理やり流すために、心臓がいつもオーバーワーク状態のため、心肥大になってしまいます。

 

そして、心臓が疲れてしまってうまく血液の循環ができない状態を心不全と言います。

 

もうひとつ有名なのは、脳血管の病気。

たとえば脳出血や脳梗塞(のうこうそく)です。

 

脳の血管でも動脈硬化が進み血液の流れが悪くなってしまう病気です。

 

これらの病気は血圧を低く安定した状態に保つと、かなり予防ができるようです。

 

高血圧状態で腎臓の細い血管がつまってしまい、うまく老廃物を排出できなくなることで腎障害がおこることもあります。

 

この腎障害は悪化すると人工透析が必要になることもありますし、腎障害がさらに血圧を上げるという悪循環に陥る原因になったりします。

 

このように、高血圧から来る合併症はさらに他の合併症を引き起こすこともあり、一度悪循環に入ってしまうと治すのは大変です。

 

血圧を下げることで合併症を予防しましょう。

 

 

 

 


トップページ 高血圧の基礎知識 血圧を下げる方法 血圧を下げる飲み物 高血圧改善サプリ