塩分注意 血圧を下げる

血圧には塩分管理

血圧には塩分管理

高血圧の対策として筆頭に挙げられるのは塩分の管理です。

 

人間が生きていくために必要なミネラルの一つであるナトリウムですが現代の食生活では過剰摂取になりがちです。

 

日本人の平均塩分摂取量は12gと言われています。

 

高血圧対策には一日6g以下にする必要があるので、倍の塩分を接種していることになります。

 

健康的な食事として人気のある和食ですが、塩分の多い食事であるという特徴もあります。

 

漬けものや味噌汁には多くの塩分が含まれています。

味噌汁はだしを効かせてみその量を減らすようにしましょう。

 

漬けものは水で洗うと塩分が控えられます。

味が物足りないと思ったら七味トウガラシをかけるとおいしくいただけますよ。

 

ラーメンやうどん、おそばの汁は飲まないほうがいいですね。

塩辛いものを控えているとだんだん味に慣れてきて、塩分控えめのものをおいしく食べられるようになります。

 

 

素材の味を楽しめるようになるまで、しばらく意識的に塩分を控えてみましょう。

塩味がしなくても思わぬところで塩を使っていることがあります。

 

パスタや青菜をゆでるときの塩は、ほとんど塩分を感じませんが、以外にも塩を入れなくてもさほど味や色味に変わりがないのです。

 

必要ない塩は入れず、青菜は冷水に撮るだけで青々とした仕上がりになりますよ。

 


トップページ 高血圧の基礎知識 血圧を下げる方法 血圧を下げる飲み物 高血圧改善サプリ