節酒 血圧を下げる

お酒を控えて血圧を下げましょう

お酒を控えて血圧を下げましょう

酒は百薬の長と言われるように、適度なお酒は体に良いそうです。

 

実際、脳梗塞のリスクが減るとか、循環器系疾患の発症を抑えられるといった、効果があるという研究もあります。

 

善玉コレステロールが増え、動脈硬化予防にも効果があります。

 

でもそれはあくまで適度な飲酒の場合。

 

大酒のみである酒豪と言われる人には血圧が高い人が多いようです。

 

週5回以上飲酒する人はしない人に比べて高血圧の発症リスクが2倍という研究結果が学会で報告されています。

 

またお酒の肴は塩辛いものや高カロリーのものが多いです。

 

塩分の取り過ぎはそのまま高血圧につながりますし、高カロリーのものは肥満や動脈硬化の原因になります。

 

お酒の肴を選ぶ時にも、注意が必要ですね。

 

簡単にお酒をセーブするには水を飲むといいそうです。

お酒と同量の水を飲むと、ひどい二日酔いや、泥酔を予防することができるそうです。

 

お酒の量もセーブできて一石二鳥ですね。

 

動脈硬化の予防に期待できる飲酒量は、ビールなら500ml缶1本。ワインなら2杯程度です。

 

アルコールは適量を超えると急に害が増え逆に動脈硬化のリスクが上がりますので、適度な量を守り、休肝日を設けるなどして、お酒と上手に付き合いましょう。

 

 


トップページ 高血圧の基礎知識 血圧を下げる方法 血圧を下げる飲み物 高血圧改善サプリ