妊娠 血圧を下げる

妊婦の高血圧対策

妊婦の高血圧対策

妊娠中の高血圧は妊娠高血圧症候群といいます。

 

妊娠時は赤ちゃんに栄養を送っているため、通常時よりも血圧が高くなるのですが最高が140mmHg以上、最低が90mmHg以上の場合はやはり血圧が高く、注意が必要です。

 

妊娠中の高血圧は医師の指導を受ける必要がありますが、予防としては基本的生活習慣を見直すことでしょう。

 

しっかり休養して睡眠をたくさん取ります。

睡眠不足も血圧を上げる原因になりますから夜はなるべく早く布団に入り、しっかり休むことが必要です。

 

適度な運動も必要ですが、妊娠中はなかなか運動をするのは難しいもの。

 

軽い散歩や家事などでも十分効果が期待できます。

 

ストレッチも効果的ですね。

 

おなかに負担のかからないようなストレッチを工夫するとよさそうです。

 

最近『長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい』という本の人気がありました。

 

ふくらはぎをマッサージするだけで血圧が下がるというのは、うれしいですね。

 

気がついた時に軽いストレッチをした後にふくらはぎを押すだけで効果があるようです。

 

足裏のマッサージ効果があるようですが、おなかが大きくなると足裏のマッサージは難しそうです。

 

その点ふくらはぎならマッサージしやすいですし、むくみに気づくこともできますね。

 

またストレスは高血圧によくありませんのでリラックスを心がけます。

 

イライラしやすいことや細かい作業は避けましょう。

 

リラックスできる読書や音楽、ビデオなどが効果的です。

 

 

 


トップページ 高血圧の基礎知識 血圧を下げる方法 血圧を下げる飲み物 高血圧改善サプリ